「糖質ゼロ」の発泡酒はカロリーゼロ?

だんだんとビールの似合う
季節に近づいてきましたね。
風呂上りのビールは最高ですよね!
夏はやっぱりビールで乾杯!

近年、低カロリーの発泡酒が
たくさん発売されています。

健康意識の高い方や、
ダイエッターの方にとっては
大変ありがたい商品ですね。

発泡酒は麦芽を酵母菌で
発酵・分解させて作りますが、
少量の麦芽が残ったものが糖質です。

糖質とは炭水化物にあたり、
1グラムあたり
4キロカロリーとなります。

糖質カットの発泡酒は
この糖質を減らして
製造されている商品です。

この糖質が少なくなれば
カロリーも低くなり
ダイエット効果も狙えますね!

2001年10月、サントリーが糖質70%カットの
「ダイエット<生>」を、
翌年の4月には、キリンが糖質70%カットの
「淡麗グリーンラベル」を発売しました。

そして今年の3月、アサヒビールから
「糖質ゼロ」の「スタイルフリー」が
発売されました。

これに関連して
「糖質ゼロ=カロリーゼロなのでしょうか?」という
問い合わせが250件以上あったようです。

糖質が100mlあたり0.5グラム未満なら
「ゼロ」と表示することができます。
同製品は 0.4グラム以下で、
他社製品の半分以下になります。

しかし、発泡酒のカロリーはアルコール分にあり、
スタイルフリーでも
100mlあたり24キロカロリー
(500ml/1缶で120キロカロリー)と
表示されています。

なので、糖質がゼロと表示されていても、
カロリーはゼロではないようです。

糖質ゼロ=カロリーゼロと違えないように、
健康のためにほどほどに飲酒しましょう!
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000020-mai-soci
posted by ゆめゆめ at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。